前へ
次へ

結婚のあり方と個人にあったカタチ

近年の結婚のあり方は、様々で、個人にあったカタチがあります。例えば、事実婚も一つです。事実婚とはいえ、戸籍の変更や、財産分与の手続きが出来ます。夫婦別姓も今後もっと増えてくるでしょう。女性の社会進出が当たり前になった日本の現代、女性の苗字を変えなくても良いなら変えない選択をする人が増えてくると予想されます。さらに、島国だった日本ですが、最近は外国人の訪問も増えたことから国際結婚も増加されると見込めます。手続きが面倒と言われる国際結婚も、増加すれば手続きも見直されます。同性結婚も、一部の地域では認められているものの全国展開はこれからです。個人の数だけ結婚のカタチがあり、個人の生活にあった方法が取れる世の中に変化しつつあります。世界では様々な結婚のあり方がありますが、日本はまだまだですが、変化しつつあり、選択肢が増えることは良い傾向です。ただし、従来の結婚のあり方が悪いのではなく、自分にあった選択をするのであり、結婚しない、という選択もまた一つであります。

Page Top